新★自然食研究所のブログ

病やアレルギーを改善する食事・健康を考えた食生活のアドバイス

胃腸が弱い人はウィルス感染に注意!

ウィルス感染しやすい人とは

 

普段から胃腸が弱い人、暴飲暴食で胃腸が弱っている人は、体内にウィルスが入り込みやすくなるようです。このことから、普段から胃腸に負担をかけない食生活が望ましいと思います。

 

f:id:organiccentre:20200122150729j:plain

 

胃腸に問題を起こしやすい人に共通しているのは、甘い食べ物や果物、麦が使われている食品(パンや麺類)を好む傾向にあることです。また、このような食品を好む人は、普段のお通じもうまくいっていないようです。

 

f:id:organiccentre:20200122151547j:plain

 

また、肉や卵などの動物性食品や乳製品、脂の多い魚、単糖類(果物、ハチミツ、チョコレート等)・二糖類(砂糖、牛乳等)、味の素を始めとした化学調味料食品添加物等を摂りすぎると、胃腸の筋肉が緩み、消化の働きが鈍くなります。

 

胃腸の調子が上がらない時に取り入れたい食事

 

胃腸の調子がよくないと感じた時は、上記の食材・食品は控えるようにすることと、私がすすめる玄米菜食を取り入れるようにすると効果が期待できます。朝・昼は玄米雑穀ご飯と野菜・根菜の副菜と海藻の味噌汁にします。

 

 

f:id:organiccentre:20200103132554j:plain

おろし長芋と玄米雑穀ご飯は相性バツグンで、便秘解消を助けてくれます。

 

ご飯の量は、朝が少々多めで、昼は副菜と同量にします。夕食は寝る3時間前までに摂るようにして、玄米雑穀ご飯に海藻の味噌汁、梅干1個、ぬか漬け少々といった具合に軽く済ませます。間食は、一切控えるようにすることもおすすめします。

 

 

この食事を最低1週間、できれば10日間続けてみると、免疫力が高まり、朝の目覚めやお通じも快適になり、そのうち体調の変化が実感できるようになります。それ以降は、体調を見ながら肉や魚料理を楽しむようにするといいと思います。

 

f:id:organiccentre:20200122184717j:plain

 

私の経験上、健康であればお通じは1日最低2回です。現在、すっきりとしたお通じが感じられない、またはいつも便秘がちであれば、それは食生活を見直してほしいという身体からのメッセージです。

 

 

ワクチンや抗生物質は、一時しのぎの対症療法です。私がすすめる玄米菜食を取り入れると、お通じが快適になり、免疫力や自然治癒力が高まると、体内の防衛システムが有効に活動することで、感染症とは無縁に暮らせるはずです。

 

 

 

 

免疫力を高めてウィルスに感染しない身体作りを

免疫力の低下がウィルス感染に繋がる。

 

中国で感染が拡大している新型コロナウィルス感染症患者は、21日現在、中国国内で218人と報告されています。

 

 

しかし、イギリスの研究チームによると、中国の公式発表をはるかに超える1700人超の患者が出ている可能性があるとのことです。新型コロナウィルスが引き起こす「人から人への感染」がかなりの頻度で起こっていることを想定し、監視強化や情報の共有、今後の準備について呼びかけています。

 

 

新型コロナウィルスは、変異を繰り返し、感染者が今後も世界中で増え続けていくことでしょう。

  

f:id:organiccentre:20200121111816j:plain

f:id:organiccentre:20200121111843j:plain

 

ウィルスに感染するのは、肉などの動物性食品や味の素を始めとした化学調味料食品添加物、これらが使われた調味料や加工食品に偏った食生活が原因で、免疫力が低下しているからと私は考えます。また、親の食生活の影響で、生まれながらにして免疫の少ない子供が増えていることも挙げられます。

 

 

体内に有害なウィルスが入ってきた場合、免疫細胞が活発に活動するために熱を発し、体温を上げ、汗と共に体内に溜まった汚れを出し、免疫力を高めようとします。また、熱に弱いウィルスの活動を阻止し、撃退しようとします。

 

 

f:id:organiccentre:20200103142408j:plain

 

ところが、これを解熱剤などの薬で下げてしまう対処療法では、身体がよくなろうとする自然治癒力にブレーキをかけてしまい、逆に免疫力が低下して、症状が長引いたり悪化したりする場合も出てきます。

 

薬には頼らず毎日の食事で免疫力・自然治癒力を高めること


もともと人間の身体には、自然治癒力というものが存在します。この自然治癒力を高めることでウィルスに感染する確率は低くなり、感染したととしても症状は軽く済みます。

  

 

いつもより熱が高いからと薬で対処していると、一時的に症状は改善されるかもしれませんが、人によっては薬による副作用に悩まされる恐れがあります。また、病院に行くことで逆に院内感染する場合もあるので、ちょっとした症状で安易に病院へ駆け込まないようにすることです。

 

 

当研究所のホームページでは、免疫力・自然治癒力を高める食事について紹介していますので、感染症対策に役立てていただければと思います。当店では、玄米ご飯の炊き方や基本の調理法などが学べる宿泊体験コースをご用意しております。

 

 

私の経験上、病気にならない身体をつくるには、玄米食を始めることと無添加・自然に沿った食事を心がけることが一番です。

 

免疫力の低下が招く帯状疱疹

帯状疱疹は痛みが伴う感染症

 

春から夏、夏から秋といった季節の変わり目に帯状疱疹を発症する人がいます。帯状疱疹は、50代以降の人に増加傾向にあり、80代までに3人に1人が経験している感染症です。私も、帯状疱疹について相談されることが度々あります。

  

f:id:organiccentre:20200120150325j:plain

sakuyahimeさんによる写真ACからの写真 (写真はイメージです。)

 

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、虫刺されのような赤い発疹が胸やお腹などに帯状に広がる病気です。発疹よりも先に、体の奥がチクチクするような痛みが1週間ほど続くため、頭痛や腰痛と勘違いしてしまい、脳外科などに駆け込む人もいるようです。

 


発疹よりも先に痛みが出るのは、ウイルスが関与しています。子供の頃に水ぼうそうにかかった人は、抗体ができるので二度と水ぼうそうにかかることはないのですが、治った後も水ぼうそうのウイルスが脊髄や脳、神経の根元の神経節に潜んでいます。

 

 

ところが、加齢や病気などで免疫力が衰えると、潜んでいた水ぼうそうのウイルスが活動を再開し、ウイルスが神経を伝って、皮膚へと移動することがあります。その通り道である神経がダメージを受けてしまうことで神経の炎症が起き、痛みを感じた後に皮膚に発疹が出てくるのです。

 

帯状疱疹の後遺症の怖さ

 

帯状疱疹の怖さは、「帯状疱疹後神経痛」という後遺症が残る恐れがあることです。帯状疱疹後に神経痛を起こしやすいのは、発疹がひどい人や高齢者などに見られるようですが、この神経痛は、帯状疱疹の発症から3カ月以降に表れる痛みで、長ければ10年以上もの耐えられないほどの強い痛みが続く人もいます。

 

 

神経がダメージを受けた後で抗ウィルス薬などに頼っていると、帯状疱疹後神経痛を発症しやすくなるので、後遺症を防ぐためにも帯状疱疹の症状を感じた時点で直ちに食生活の改善をし、免疫力を上げることから始めなければなりません。

 

毎日の食事で免疫力を高めることが予防へと繋がる!

 

f:id:organiccentre:20200120145022j:plain

f:id:organiccentre:20200120145105j:plain

 

また、帯状疱疹帯状疱疹後神経痛には身体の冷えが大敵です。身体が冷えると血流が悪くなり、症状が悪化しやすくなるからです。身体を冷やさないようにするには、甘い食べ物・清涼飲料水、果物、味の素を始めとした化学調味料食品添加物人工甘味料等は摂らないように心がけることです。

 

f:id:organiccentre:20200103132554j:plain

 

毎日の食事で免疫力を上げるには、主食を玄米にすること、根菜(大根・人参・ゴボウ・レンコン)料理や海藻、梅干やぬか漬けを取り入れるようにするのが一番です。とくに、根菜は身体の冷えを改善するのに有効な食材です。

 

 

当研究所のホームページでは、低体温を改善し免疫力を高める食事について紹介していますので、参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療関係のテレビ番組に思うこと

医療系テレビ番組の無意味な報道

 

○○の医学、○○の健康、○○ドクターといった医療を取り上げたテレビ番組がここ数年増えています。健康志向の人が増えているからなのでしょうか。

 

 

どの番組にも共通していえるのは、薄っぺらな内容ということ。医師が話す内容は、病の根本の原因には触れず、対処療法についての説明がほとんどです。肝心の食生活については、「バランスのよい食事を」といったファジーなアドバイスで終わっています。

 

 

では、医師たちがすすめる「バランスのよい食事」とは何か?こういったアドバイスに視聴者が本当に納得しているのか、私は疑問に思います。食材選びや調理法などについてきちんと理解している医師が少ないから、あいまいなアドバイスで終わってしまうのです。

 

f:id:organiccentre:20200119105411j:plain

 

多くの病の原因は、味の素などの化学調味料食品添加物の日常的な摂取によるものと私は常々考えているのですが、スポンサーへの配慮があるためか、マスコミでは核心の部分には迫っていないようです。




世間一般で、様々な食材にアレルギー反応を起こすことに対し、アレルギーを起こす食材を除けばそれでいいと思っている人が多いという現状も、あらゆる報道によって氾濫している情報の影響なのでしょう。

 

除去食でのアレルギー体質改善は難しい。

 

私のこれまでの経験上、アレルギー(アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそくなど)の一番の原因は、味の素などの化学調味料や着色料、防腐剤といった食品添加物の過剰摂取によるものと考えます。

 

f:id:organiccentre:20200110141359j:plain

 

食物アレルギーに関しては、食品添加物の摂り過ぎで身体のバランスが崩れ、免疫力が低下することで、たまたま特定の食材に過剰反応しているだけなのです。

 

f:id:organiccentre:20200103142408j:plain



身体が反応する食材を避ける、病院で処方された薬を服用するなどの対処療法を続けるだけでは、一生治ることはないと私は考えます。

 

 

アトピーや花粉症などのアレルギー体質を改善を目指す食事について知りたい人は、当研究所ホームページ「アトピー性皮膚炎の食事療法」「花粉症を食生活で改善させるには」を参考にしてください。

 

 

また、当店ご利用のお客様には、アレルギー改善の食事についてより詳しくアドバイスしております。アトピーも花粉症も、無添加の食事を心がけるようにすることが改善への近道です。

 

 

 

 

 

 

 

シェフ佐藤考案の玄米菜食が体調維持や体質改善に繋がる。

毎日の食事が身体をつくる。

 
毎日の食事で血液がつくられ、血液で細胞がつくられています。そして、細胞は古いものから新しいものへと常に入れ替わっています。つまり、私達の身体は食べるものからつくられているのです。

 

f:id:organiccentre:20200118132836j:plain

 

肉や乳製品などの動物性食品の摂り過ぎや化学調味料食品添加物食品添加物まみれの食品に偏った食生活を続けていたとしたら、当然身体にも問題が出てきます。

  


血球は、毎秒三億個ずつ分解、代謝し、10日ほどで血液は入れ替わるといわれています。血液検査で健康状態が分かるように、健康かどうかは血液の質で変わってきます。

 

f:id:organiccentre:20200103141014j:plain


体調がすぐれないからと薬に頼っていても、一時的に症状が抑えられるだけで、現状は改善されないことが多いようです。また、薬の副作用に悩まされ続けることになるかもしれません。

  

f:id:organiccentre:20200118104301j:plain

f:id:organiccentre:20200116143013j:plain

 

これまでの研究から、体調不良や病気、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患になるのは、味の素を始めとした化学調味料食品添加物、およびこれらがが使われた加工食品中心の食生活を長年続けてきたことによるものと私は考えます。

 

体調不良や体質を改善するには普段の食生活から見直すこと

 

病気やアレルギー体質を改善していくためには、原因の元となっている食生活から改めていく必要があります。

 

f:id:organiccentre:20200103140933j:plain

 

玄米菜食を中心とした食事療法は、効果が表れるのに時間がかかりますが、毎日の食事から改善したいと考えている人は、試しに10日だけでも実践してみることをおすすめします。10日間ほどで血液は入れ替わることから、私がすすめる玄米菜食を忠実に続けていくことで、体調の変化が実感できるはずです。

 


グルメを楽しみたいのなら、玄米菜食を実践して身体を一度リセットし、体調不良を改善して自身のベストコンディションを知った上で、体調を見ながら楽しむのがいいと私は思います。

 

 

当店ご利用のお客様で、ご希望の方に、私がすすめる玄米菜食について無料でアドバイスをしております。

 

 

 

 

  

 

読者登録についてのお願い

今月からはてなブログを始めてみて感じたこと

 

新★自然食研究所のブログを始めて半月が過ぎましたが、予想以上に読者登録があったことを嬉しく思っています。

 

 

しかし、読者登録者が増えたり減ったりしていることが気になったので、今回はこの件について書きたいと思います。

 

 

今年から、はてなブログで記事を書くようになったのは、今まで30年以上に渡って私流の健康を考えた自然食を家族や知人に体験してもらった結果や体験談を元に私がはてなブログを通して伝えていきたいと思ったからです。

 

f:id:organiccentre:20200115141246j:plain

当店では、宿泊しながら自家製味噌や醤油などの自然の味・無添加の料理を体験できるコースをご用意しております。

 


現在60才を過ぎた私には、後継者がいませんので、早いうちに自然に沿った食生活の実践について広め、多くの人に理解してもらいたい思いで記事を発信しています。

  

 

私自身は、パソコンやスマートフォンには全く興味がなく、これまで料理一筋でやってきました。ブログでの発信については、自分で原稿を書いて家族に更新を頼んでいます。このような事情ですので、私から読者登録を期待しての読者登録は遠慮していただきたいです。私のブログの読者になりたい方は、あくまでも記事の更新のみということを了承の上、読者登録をお願いします。

 

 

これからも、病気にならないための食生活や食の安全についての私の考えや、これまで体験したことを発信していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化学調味料や食品添加物の摂取が胎児に影響を及ぼす。

胎児が母体から影響を受けやすい時期

 

近年は、先天性異常や難病の子供が増加傾向にあります。少子化なのに養護学校へ通う生徒は増え続ける一方で、施設や支援学級が足りないのが現状です。

 

 

先天性異常の原因は、遺伝子関連の他に母体側の要因、免疫力低下による感染、抗生物質などの薬によるものが挙げられ、器官形成が起きる妊娠5~10週、脳については4~13週、目や心臓は5~9週、聴力は5~19週が影響を受けやすい時期だといわれています。

 

f:id:organiccentre:20200110141313j:plain

 

地球上のすべての生物は海の中に発生し、長い進化を経て現在に至っています。人間も同じです。なぜなら、人間の身体を流れる体液・血液および母親が体内で新しい命を育むための羊水は海水と同じ組成だからです。

 

 

受精後、新しい生命体は、細胞生物→魚類(1心房・1心室の心臓ができ、エラで呼吸する胚の時期)→両生類→爬虫類(まだしっぽがある時期)→原始哺乳類(胎児になる時期)といった、40億年近い歳月を費やした生命の進化をわずか数週間のうちに体験し、出生後は「霊長類(ハイハイする時期)」→「二足歩行するヒト」になります。

 

f:id:organiccentre:20200116143013j:plain

 

日本では、化学調味料や防腐剤、着色料などの食品添加物等の摂取が胎児に大きく影響しているということに気が付き、安全な食生活を心がけようとする人はまだ少ないように思われます。家庭での食育がなされていないということも原因の根低にあると私は考えます。

 

妊娠期間前の薬の服用も影響がある!

 

他には、多種・多用な薬の服用が少なからず胎児に影響を与えていることも挙げられます。妊娠期間前であっても、残留性のある薬(ワクチンや角化症治療薬、関節リウマチ治療薬など)ほど、その危険性は高くなります。

 

f:id:organiccentre:20200116143039j:plain

 

食品に使われている化学調味料食品添加物は、体内に入るとほとんどのものが分解されず、蓄積されてしまいます。そして、蓄積され続けたものはいつか病の原因となって現れます。

 

f:id:organiccentre:20200116143101j:plain

 

これらが使われているインスタント食品や市販の惣菜・弁当が日常の食事となっている今、これから出産をする人、将来子供を産みたいと考えている人が食生活の意識を改めない限り、奇形やダウン症、アレルギー疾患など何らかの異常を持って生まれる赤ちゃんはこれからも増えていくことでしょう。